トップ ライブ/イベント情報 メディア情報 CD/DVD情報 プロフィール
掲示板(レスは平阪) オフィシャルブログ 楽曲人気投票 リンク お問い合わせ
 【プロフィール】  ヒストリー | CM曲/テーマ曲 | レギュラー番組履歴 | カラオケ/配信 

≪DATA≫

ウインズ平阪(Vo./Gt.)   ウインズ平阪の想い
(本名:平阪 佳久|ひらさか よしひさ|Hirasaka Yoshihisa )
1975年高校2年生でバンドを結成、以来「地元からヒット曲を出し
和歌山県のイメージUPに繋げたい」という夢を追い続けている。

【生年月日】 1958年11月29日 (AB型)
【出身地】 和歌山県橋本市高野口町
【出身校】 高野口町立応其小学校
          〃   応其中学校
       和歌山県立伊都高等学校
       大阪経済法科大学
【身長/体重】〜2003年 172.5cm / 60kg
           現在 171.0cm / 64kg

和歌山市観光発信人
スペシャルオリンピックス日本・和歌山 顧問
一般社団法人 日本音楽著作権協会正会員

 1986年、生まれ育った和歌山県をパロディーにした「キンキのおまけ」が話題となり、
ビクター音楽産業(現ビクターエンタテインメント)からのスカウトでメジャーデビュー。

 1989年バンド名を「一発逆転」から「WINDS」と改名し日本クラウンに移籍。
 1993年6人だったメンバーを、2人のユニットに変え、カタカナの「ウインズ」に改名。

 2000年から、インディーズアーティストとなり、2008年、和歌山県文化奨励賞を受賞
 2009年、正式メンバーは平阪1人となるが、サポートメンバーと共にウインズとして活動。

 2016年5月4日、ウインズとしての活動を休止
 以降、5人のメンバーと共にウインズ平阪として活動中!

 これまでにシングル12枚、アルバム13枚、DVD2枚をリリース。各メーカーのカラオケでも多数の曲が配信されている。

 上新電機(Joshin)や吉野家など、50社以上のCMソングに加え、
紀の国わかやま国体(2015年開催)イメージソング、校歌や町民音頭まで手がけ、
紀州のモーツァルトとも呼ばれるが、レギュラー番組を含め、ラジオやテレビでは、コメディアンと化す。(^^;)

 また、アーティストプロデュースやレコーディングエンジニアもこなし、
1993年200万枚の大ヒットとなった山根康広の「Get Along Together」を含むファーストアルバムは、
平阪の自宅スタジオでレコーディングし、演奏や編曲もウインズが担当した作品である。

 そんなウインズ平阪の音楽は時代を越え、幅広い世代に親しまれている。

 【最近出演したテレビ番組】
 ◆◇◆2017年3月放送 読売テレビ「ZIP!す・またん」◇◆◇

 ◆◇◆2017年4月放送 BSジャパン「武田鉄也の昭和は輝いていた」◇◆◇


【BANDメンバー】
 加納 洋志(Gt./Vo.) Kanou Hiroshi [BLOG]  金城 真左志(Key.) Kinjou Masashi
1971年 1月18日生(O型)
大阪府大阪市出身

1993年から、ライブやレコーディングでギターを担当。YAMAHAのギター講師も務めている。
1962年6月17日生(O型)
和歌山県和歌山市出身

2003年からライブやレコーディングでキーボードを担当し、編曲も手掛ける。また、おかげ様ブラザーズのメンバーでもある。
 西口 剛史(Dr./Perc.) Nishiguchi Takeshi   岩本 修一郎《しゅう》(Ba.) Iwamoto Shuuichirou
1969年4月16日生(A型)
大阪府大阪市出身

1993年からライブやレコーディングでドラムを担当。2010年からはパーカッションも担当している。
1983年8月5日生(B型)
和歌山県伊都郡かつらぎ町出身

元Re:ingのメンバーで、2016年よりベースを担当。父親の影響で幼い頃からのウインズファン。
 平阪 靖啓(Vo./Gt./P.) Hirasaka Yasuhiro  デビュー以降のMembers
1995年11月17日生 (B型)
和歌山県橋本市出身

2016年からギターとピアノを担当。和歌山大学経済学部に在学中。

辻 充、脇田 隆雄、野田 浩司、寺本 智子、平阪 圭司、
花谷 廣美、亀岡 利幸、石井 宏和、山原 啓司、
西本 諭史、谷本 成久、松本 有里、山崎 泰次、
村島 俊冶、内海 治雄、寺田 和男、山口よしのぶ、
田中 孝宗、西口 祥史、宮本 恵梨菜、岡本 健太


【デビュー以前のMembers】
 山本 勝己、加藤 保雄、辻 裕之、木村 満行、佐々木 博、北谷 彰隆、
 伊藤 佳幸、新家 泰、矢田 典生、竹本 隆二、辻本 啓二、土肥 正基


【スタッフ】
 T-SPEC 橋本 敏邦 Hashimoto Toshikuni〔HP  上西 潤也 Uenishi Junya〔BLOG
1968年7月20日生(B型)
和歌山県海南市出身

LIVEには欠かせない音響オペレーター。
1964年8月8日生(A型)
和歌山県橋本市出身

LIVEには欠かせない敏腕スタッフ。 
 辻本 悦子 Tsujimoto Etsuko  松原 美幸 Matsubara Miyuki
9月9日生(A型)
大阪府大阪市出身

ライブサポートスタッフ。
1月7日生(O型)
岐阜県羽島郡出身

Web担当。


【ウインズ平阪ヒストリー】     
活動
1975年 高校2年生の春、和歌山県を代表するバンドを作りたくて、
県内の高校から優れたメンバーを誘い「危機一髪」と言うバンドを結成。
1977年 ヤマハのコンテスト「8.8ロックデイ」のジュニア部門で和歌山代表となった「危機一髪」は本選で優秀賞を受賞。
1978年〜81年 8.8ロックデイ、フレッシュサウンドコンテスト、フォークロックなど、
数々のコンテストで入賞し注目を集める。
1982年 バンド名を「一発逆転」と変え、第23回ヤマハポピュラーソングコンテスト和歌山県大会で
グランプリを獲得。和歌山県代表として関西四国大会に出場。
1984年 第27回ヤマハポピュラーソングコンテストで和歌山大会、近畿大会と勝ち進み、
関西四国大会に出場。「キンキのおまけ」でNHKヤングミュージックフェスティバルに
出場し和歌山県大会で優勝。
1986年 第31回ヤマハポピュラーソングコンテストに大阪からエントリー、大阪大会、近畿大会と
勝ち進み、関西四国大会で奨励賞とベストアイドル賞をダブル受賞。
4月インディーズレコード「キンキのおまけ」を発売。テレビや新聞に取りあげられ
話題となり、ビクター音楽産業(現在のビクターエンタテインメント)からのスカウトで、
8月5日メジャーデビュー
1987年 5月21日、同じくビクター音楽産業から、
「ロンリー・ナイト・ランナウェイ」「WAKAYAMAラブソング」を発売。
1988年 デビュー当時からLIVEを続けてきた大阪梅田バナナホールで、
9月1日、2日と2DaysLIVEを行い、トータル600人を動員する。
1989年 東京でのLIVEが在京音楽事務所社長の目に止まりスカウト!
バンド名を「WINDS」と改めインディーズアルバム「STANCE」を発売。
1990年 6月「Sunday」が小僧ずしの「アメリカンすしバーフェアー」のテレビCMソングとなる。
1991年 レコード会社を日本クラウンに移籍し、3月21日「ほっといてんか」を発売。
10月23日、同じく日本クラウンからアルバム「YOU目を覚ませ」を発売。
1992年 6月「情熱をなくさないで」が上新電機TV-CMソングに決定!
8月21日、同イメージソングとして日本クラウンから「冗談じゃないぜ」を発売。
8月〜12月後に200万枚の大ヒットとなる山根康広の「Get Along Together」を含む
ファーストアルバムを平阪の自宅スタジオ、サウンドスクラップでレコーディング。
アレンジ、コーラス、ミキシングエンジニアとトータルでサポート&ディレクトする。
1993年 山根康広のレコーディングやLIVEサポートで忙しくなった「WINDS」を一旦解散。
5月「世界中に笑顔を」が吉野家TV-CMソングに決定!それに伴い2人のボーカルユニットとして「ウインズ」を再出発!9月21日、日本クラウンから、吉野家ディー・アンド・シーCMソングとして「世界中に笑顔を」を発売。11月21日、アルバム「ライバル」を発売。11月21日、アルバム「ライバル」を発売。
1994年 2月21日、日本クラウンから、ISEKI トラクタ「BIG-T」TV-CMソングとして「ライバル」を
シングルカット発売。
7月から9月まで和歌山市で開催された世界リゾート博で、毎週LIVEを行う。
9月21日、日本クラウンからシングル「君が抱きたい」を発売。
1995年 「君が抱きたい」が有線からヒット。
5月21日、カップリング曲を変え「君が抱きたい」を再発売し2万枚をセールス
8月21日、同じく日本クラウンからアルバム「ウインズ 3rd」を発売。
1997年 2月26日、日本クラウンからシングル「スキなんだ」を発売。
エイジップミュージックからのオファーで、日本クラウンから移籍
1998年 4月21日、エイジップミュージックから、
移籍第一弾シングル「ちょっと勝手なPROPOSE」を発売。
1999年 1月8日、エイジップミュージックからシングル「止まらないで」を発売
11月、桂文福さんを会長とする、和歌山出身芸能県人会の発足に参加。
会のテーマ曲として1987年に発売した「WAKAYAMAラヴ・ソング」のニューバージョン
「和歌山LOVESONG21」を制作。
2000年 10月、テレビ和歌山の新番組「紀南まるごとTV」(週2回放送)に平阪がメインキャスター
として起用される。
10月、芸能県人会メンバーと、ワ!つれもていこらーズとして「和歌山LOVESONG21」を
インディーズ発売。平阪は作詞、作曲&プロデュースし関西で話題となる。
2001年 「和歌山LOVESONG21」が引き続き話題を集め、2月7日、日本クラウンより緊急発売。
10月、レギュラー番組KissFM神戸「ウインズのナイトブレイク」がスタート。
11月1日、インディーズアルバム「ウインズBEST」をリリース。
大手プロダクションから同じ名前の3人組「w-inds」がデビューした影響で、
間違えられたり、偽者扱いされる事が多くなり、他府県での仕事が激減!
2002年 平阪のレギュラー番組「紀南まるごとTV」で、4月からスタートした路上LIVEコーナーが
人気となり、視聴率が上昇!
7月、高校野球ワイドニュースのエンディング曲「たとえ今…」を制作。
2003年 1月、和歌山県内の若手アーティスト育成を目的とした「ウインズ音楽祭」を開催。
11月、国土建設テレビCMソングとして「昨日、今日そして明日」がON AIR開始。
2004年 1月、2003年に続き「ウインズチャリティー音楽祭」を開催。
4月、テレビ和歌山の新番組「木と生きる」で平阪がナレーションやテーマソングを担当。
7月10日、「ウインズ5」アルバムを発売。10月NHK-BS2「お〜い日本」でオーケストラをバックに300人の合唱団と「和歌山LOVE SONG 完結編」を歌う。
「紀南まるごとTV」の視聴率が4.2%で、テレビ和歌山の制作番組中トップとなる。
2005年 2月、「和歌山音楽祭」と名前を変え、引き続き和歌山県の若手アーティスト育成を目的とした音楽祭を開催。4月、NHK和歌山放送局地上デジタル放送開始記念テーマソングを制作、4月から2006年3月まで放送の同記念ミニドラマにも出演
10月、「止まらないで」が和歌浦ベイマラソンwithジャズのイメージソングとなる。
2006年 4月末、6年間続いたテレビ和歌山「紀南まるごとTV」が終了。7月29日、デビュー20周年記念アルバム「ウインズHistory」を発売。11月25日「ウインズ20周年DVD」を発売。
収録曲「もう何も言わないで」がUSENインディーズチャートで8週連続ベストテン入り
2007年 昨年12月から5月まで全国20社のテレビ局で、ウインズ20周年記念番組「ウインズHistory」が放送される!4月からテレビ和歌山新番組「@あっと!テレわかNEWSスタイル」に平阪がレギュラー出演。7月からマネージメントを昭和プロダクションに委託。
7月7日「ウインズ7Album〜道〜」を発売。10月から、MBSラジオ「ラジオの達人」、
ABCラジオ「フレッシュアップJAM」と、2本の番組にレギュラー出演。
2008年 3月末、MBSとABCのレギュラー出演が終了。
4月、K-issFM神戸のレギュラー番組「キッスイン・ザ・ウインズ」がスタート。
テレビ和歌山「@あっと!テレわか」にもレギュラー出演開始。
7月、FM大阪で長く続くことになるレギュラー番組がスタート。
8月29日、アルバム「全力投球」を発売。10月、和歌山県文化奨励賞を受賞
2009年 3月末、昭和プロダクションを離れ、テレビ和歌山「@あっと!テレわか」の出演が終了。
10月、和歌山放送で5時間50分の生ワイド番組「ウインズ平阪の全力投球」がスタート。
2010年 3月、全音楽出版社発売の「あなたの街のご当地ソング ザ・ベストテン!」で
和歌山県のベストテンにウインズの曲が4曲チャートイン
11月27日、アルバム「ウインズCM&テーマソング集」を発売。
12月、平阪が和歌山放送チャリティミュージックソンのメインパーソナリティを担当。
2011年 3月、東日本大震災が発生、9月、紀伊半島大水害で和歌山県に大きな被害。
9月18日の横浜LIVE以降、CDやグッズの売り上げを義援金に。
11月、被害の大きかった新宮市、那智勝浦町で復興応援LIVEを実施。
11月12日、10枚目となるデビュー25周年アルバム「ウインズSELECTION」を発売。
2012年 2011年9月から12年3月まで、アルバム「ウインズSELECTION」の売り上げを中心に
集めた、114万円を紀伊半島大水害の義援金として寄付。
6月15日、応募136曲の中から「明日へと」(あしたへと)が、2015年開催の
紀の国わかやま国体イメージソングに選ばれる。9月22日、シングル「明日へと」を発売。
2013年 各局のレギュラー番組に加え、4月、開局したFMはしもとでもレギュラー番組を担当。
4月19日、「ウインズSELECTION」と「明日へと」の売り上げの5%を紀の国わかやま国体&大会募金(きいちゃん募金)に寄附。
8月7日、19時放送の日本テレビ系「一番ソングSHOW」全国47都道府県地元スター総選挙2時間SPでウインズが和歌山県の4位にランクイン
2014年 2月、紀の国わかやま国体のチーム和歌山応援団長に任命。
4月スタートの、テレビ和歌山新番組「5チャンDO!」にコメンテーターとして起用
12月31日、6年連続出演予定だった和歌山マリーナシティカウントダウンLIVEが、
強風により中止。
2015年 1月1日発売の2枚組アルバム「ウインズBEST2&和歌山SONG集」が1/12付オリコン週間インディーズアルバムランキング13位、メジャーランキングでも175位にチャートイン
9月〜10月、紀の国わかやま国体総合開会式・閉会式と障害者スポーツ大会開会式で
ミニLIVE。
2016年 4月、校歌を制作した「橋本中央中学校」が開校。
ラジオ大阪OBC「ほんまもん!原田年晴です」内「ウインズ平阪の和歌山応援歌」がスタート。
5月4日に実施したウインズFINAL LIVEを最後に、ウインズとしての活動を休止し、
同調する5人のBANDメンバーと共に、ウインズ平阪としての活動をスタート!
2017年 1月3日発売「ウインズ平阪1st Album」が、1/16付オリコン週間インディーズアルバムランキング9位!3月16日和歌山市観光発信人の委嘱を受ける。
6月6日発売「WINDS平阪DVD」が、6/6付オリコン音楽DVDデイリーランキング16位
6/19付週間ランキングで81位
このページのトップへ


【CM曲/テーマ曲】   
曲名 商品名・企業名・団体名・番組名など オンエア期間
Sunday 小僧ずしチェーン・CMソング 1989年
ドキドキしたい 観音寺競輪TV-CMソング 1990年〜2000年
情熱をなくさないで Joshin電機TV-CMソング(店内でもオンエア) 1992年〜
世界中に笑顔を 吉野家TV-CMソング 1993年〜1994年
ライバル イセキトラクターBig T TV-CMソング 1993年〜1994年
愛するなら 愛媛銀行TV-CMソング 1995年〜2000年
神様仏様 藤田まことのはぐれ記者・映画 1996年
シロバイカーの歌 御存知!ふんどし頭巾・映画 1997年
Hey Girl 日吉染業TV-CMソング 1997年〜2005年
止まらないで プレイステーションゲームソフト「モンスターコンプリワールド」オープニングテーマ 1999年
JUST MY FRIEND プレイステーションゲームソフト「モンスターコンプリワールド」エンディングテーマ 1999年
Never Give Up WTV「高校野球ワイドニュース」エンディング 2001年
Nobody WTV「紀南まるごとTV」オープニング 2001年〜2002年
Never Give Up WTV「紀南まるごとTV」コーナーテーマ曲 2002年〜2003年
ちよっと勝手なPROPOSE WTV「紀南まるごとTV」エンディング 2002年〜2004年
たとえ今… WTV「高校野球ワイドニュース」エンディング 2002年〜
昨日、今日そして明日 国土建設TV-CMイメージソング
WTV「木と生きる」テーマ曲
2003年〜
紀の国やっちょん郷皆唄 紀の国やっちょん祭りオフィシャル曲 2003年〜
元気か友よ WTV「紀南まるごとTV」エンディング 2004年
夢恋桜 WTV「紀南まるごとTV」オープニング 2004年〜2006年
なんで和歌山 WBSお陽さまワイドエンディング曲 2004年〜2006年
ぬくもりとやすらぎ 国土建設TV-CMイメージソング
WTV「木と生きる」テーマ曲
2004年〜
YAPPA紀州 紀州よさこい祭り総踊り曲 2004年〜
あなたのデジタル紀伊ステーション NHK和歌山放送局地上デジタル放送記念テーマソング 2005年
止まらないで 和歌浦ベイマラソンwithジャズ、イメージソング 2005年
橋本愛賛歌 やっちょん月和会オフィシャル曲 2005年7月〜
あなたのふれあい紀伊ステーション NHK和歌山放送局テーマソング 2006年〜2007年
Keep on running サンプラザ55&88TV-CMソング 2006年〜
もう何も言わないで 全国12局ネット「うたナビ21」エンディングテーマ 2006年11月
もう何も言わないで KBS京都テレビ「とっぴもナイト」エンディングテーマ 2006年12月〜2007年3月
思い出せてよかったね KBS京都テレビ「とっぴもナイト」エンディングテーマ 2007年4月〜2014年7月
I LOVE YOU WTVテレビ和歌山「@あっと!テレわかNEWSスタイル」@平阪組テーマ曲 2007年〜2008年
そうじょ橋本 やっちょん月和会オフィシャル曲 2007年7月〜
紀美野音頭 合併後の新しい町紀美野町からの依頼で制作した町民盆踊り曲 2007年7月〜
紀美野町民歌 合併後の新しい町紀美野町からの依頼で制作した町民歌 2007年10月〜
昨日、今日そして明日ニューバージョン 国土建設TV-CMイメージソング 2007年10月〜
全力投球 ABCラジオ「全力投球!妹尾和夫です」応援歌 2007年〜2008年
止まらないで 泉州国際市民マラソン テーマソング 2008年〜
好きなんよ コスモス コスモス養護学校オフィシャル曲 2008年4月〜
Never Give Up 千葉ロッテマリーンズ田中雅彦選手登場曲 2008年〜2009年
ずっと和歌山 JAグループ和歌山CMイメージソング 2008年5月〜
今振り返れば Joshin電機イメージソング 2009年
守っていきたい Joshin電機イメージソング 2009年
やっちょんまかせはね! やっちょん月和会オフィシャル曲 2009年〜
ぱどの街 泉州広告(株)ぱどのCMソング 2009年〜
ぱどレンジャーのテーマ 泉州広告(株) 2009年5月〜
まみたんのテーマソング 泉州広告(株) 2009年5月〜
まみたん手遊び歌 泉州広告(株) 2009年5月〜
自分を大切に ピンクリボン大阪テーマソング 2009年9月〜
ぶらくり丁 フォルテワジマ&ぶらくり丁テーマソング 2009年9月〜
君の笑顔を守りたい 産直市場「よってって」CMソング 2010年2月〜
ふるさと紀南 紀南のまちテーマソング 2010年〜
長い人生笑顔の君と 創源CMソング 2012年4月〜
明日へと(あしたへと) 2015年開催「紀の国わかやま国体」イメージソング 2012年9月〜
熊野の風 ホテルクリスタルCMソング 2013年1月〜
サブ―ルSAMBA 洋菓子のサブ―ルCMソング 2015年1月〜
紀州和歌山へ 一般社団法人 和歌山県サッカー協会テーマソング 2015年3月〜
希望に向かって走れ 橋本中央中学校校歌 2016年4月〜
橋本ロータリークラブ讃歌 橋本ロータリークラブ テーマソング 2016年4月〜

【その他のCM曲】
全国牛乳普及協会 / タカラ梅酒&ウォーター / でんでんタウン / 倉吉パークスウェアー
金プラチナ買取センター / 近商ストア / 泉州広告 / 吉村ファミリー歯科
西天満スマイリー歯科 / セキネ / ダイコク屋 など

このページのトップへ


【カラオケ配信】   
曲名 歌手名 DAM JOYSOUND
I can't forget the memory ウインズ平阪
愛するなら ウインズ
あきらめないで ウインズ
明日へと 坂本 冬美
明日へと(あしたへと) ウインズ
明日へと(あしたへと)Dance Ver. ウインズ
今振り返れば ウインズ 11/5○
END ウインズ
君が抱きたい ウインズ
紀州和歌山へ ウインズ平阪
昨日、今日そして明日 ウインズ
熊野の風 ウインズ
元気か友よ ウインズ
恋人達の片隅 ウインズ
高野口SAMBA ウインズ平阪
高野そして熊野 ウインズ
さよならが言えずに ウインズ平阪
情熱をなくさないで ウインズ平阪
情熱をなくさないで Joshin Ver. ウインズ
スキなんだ ウインズ
ずっと和歌山 ウインズ
世界中に笑顔を ウインズ平阪
全力投球 ウインズ平阪
たとえ今・・・ ウインズ平阪
ちょっと勝手なPROPOSE ウインズ
止まらないで ウインズ
仲間達へ ウインズ
なんで和歌山 ウインズ
NEVER GIVE UP ウインズ
BURNING BEAT ウインズ
橋本中央中学校校歌 ウインズ平阪
ぱどレンジャーのテーマ ウインズ
ぶらくり丁 ウインズ
ふるさと紀南 ウインズ
ほっといてんか ウインズ
守っていきたい ウインズ
迷いはじめて ウインズ
ウインズ平阪
道2 ウインズ 11/5○
見ていてくれ ウインズ平阪
もう一度あの頃に ウインズ
もう何も言わないで ウインズ平阪
YAPPA紀州 ウインズ
YOU 目を覚ませ ウインズ
夢のニュース ウインズ
ライバル ウインズ平阪
和歌山LOVESONG 完結編 ウインズ
和歌山LOVESONG21 ワ!つれもていこらーズ
笑い話 ウインズ平阪
笑ってください ウインズ平阪
このページのトップへ


【これまでのレギュラー番組】    
番組名 放送局 放送期間
「ニューウェーヴサウンドフォーラム」 和歌山放送 1988年〜1989年
「関西の音楽事情」 FM富士 1989年
「パノラマ大放送」 朝日放送 1990年
「小林睦郎ラジオで元気!」 和歌山放送 1993年〜1994年
「平・亀プロジェクト」 和歌山放送 1994年〜1995年
「平・亀リーグ」 和歌山放送 1995年
「ウインズのちょっと勝手なPROPOSE」 和歌山放送 1998年
紀南まるごとTV テレビ和歌山 2000年〜2006年
「ウインズのナイトブレイク」 KissFM神戸 2001年〜2002年
「木と生きる」 テレビ和歌山 2004年〜2005年
ミニドラマ「dテレビがやって来た!」 NHK和歌山放送局 2005年〜2006年
「@あっと!テレわかNEWSスタイル」 テレビ和歌山 2007年〜2008年
「増井孝子のラジオの達人」番組内コーナー MBS毎日放送 2007年〜2008年
「ABCフレッシュアップJAM」番組内コーナー ABC朝日放送 2007年〜2008年
「@あっと!テレわか」 テレビ和歌山 2007年〜2009年
「キッスインザウインズ」 Kiss FM神戸 2008年
「ウインズ平阪の全力投球」 BANANA FM 2008年
「ウインズ 全力投球」 FM OSAKA 2008年
「Wave Junction」 FM COCOLO 2008年
「ウインズ平阪の ずっと和歌山」 BANANA FM 2008年〜2009年
「ウインズの気分上々」 FM OSAKA 2008年〜2011年
「ウインズ&藪ちゃんの ずっと和歌山」 BANANA FM 2009年〜2011年
「@あっと!テレわかニューススタイル」内コーナー テレビ和歌山 2009年〜2010年
「ウインズのNEVER GIVE UP」 BANANA FM 2009年〜2014年
「ウインズ平阪のきょうも全力投球!!」 WBS和歌山放送 2009年〜2016年3月
「ウインズ平阪のYAPPA公開生放送」 BANANA FM 2011年4月〜2015年6月
「ウインズの情熱サンデー」 FM OSAKA 2011年4月〜2015年3月
橋本ティーブレイク FMはしもと 2013年4月〜毎週水曜
5チャンDO! WTVテレビ和歌山 2014年4月〜月1回
ウインズ平阪の情熱サンデー FM OSAKA 2015年4月〜毎週日曜放送中
ほんまもん!原田年晴です」内
「ウインズ平阪の和歌山応援歌」のコーナー
ラジオ大阪OBC 2016年4月〜2017年11月
ウインズ平阪の紀州和歌山へ! WBS和歌山放送 2016年4月〜毎週土曜出演中


【楽曲配信/着うた/着うたフル】
・各検索サイト(GoogleやYahoo!!等)で、検索してください。


このページのトップへ